iCARE Official note

「働くひとの健康を世界中に創る」をパーパスに掲げる株式会社iCAREのOfficial note。 メンバーの日常から事業、制度など幅広くバラエティ豊かにお届けします。  https://www.icare.jpn.com/

iCARE Official note

「働くひとの健康を世界中に創る」をパーパスに掲げる株式会社iCAREのOfficial note。 メンバーの日常から事業、制度など幅広くバラエティ豊かにお届けします。  https://www.icare.jpn.com/
  • 155本

正社員第1号の中野雄介が人事部のトップになったお話

iCAREの山田です。 今日はあるひとりのiCARE人の話をしたいと思います。 大事なプレスリリースも合わせてnote読んでみてください 2015年12月にひとりの第二新卒がN社から転職2014 - 2015年はiCAREにとってとても暗黒時代でした。Carelyの前身クラウドサービスであるCatchballが全く売れず、周りからはデッドボールだと揶揄されるくらいの状況でした。 その中で、iCAREの社外取締役である和田さん(インキュベイトファンド)が働くひとの健康領域

スキ
58

B to Bで働くひとの健康を創る理由

iCAREの山田です。 これまでも繰り返しiCAREがなぜB to Bヘルスケア、HRテックにこだわってきたのか説明をしてきましたが、同じこと何回でもブログにさせてください。 働くひとの健康を世界中に創るが存在意義iCAREは2011年創業からずっとこの働くひとの健康の領域で事業をしてきました。働くひとの健康を創るには3つ方法があります。治療が必要になったひとへのアプローチであるメディカルケア、自分で健康を創るセルフケア、そして環境そのものを変えることで健康になれるカンパ

スキ
27

6月30日、ですからね。

みなさん、おはこんばんちは。 iCARE社のChief Radio Officer、中野雄介です。 そう、今日は6月30日。6月30日なんです。明日からは7月1日。ということでラヂヲを収録してみました。どうか聴かないでください。

スキ
2

どうプレゼンを組み立てているのかの説明

さる2022年5月26日、第95回日本産業衛生学会「新しい時代の働き方と産業保健(持続可能な社会を目指して)」で私が発表した内容についてどう考えて構成したのか共有します。これからプレゼンを作る際のヒントになれればと思います。 シンポジウム10「健康経営にどのようにPHRを活かすのか?」というテーマで大神先生、森先生の座長のもとに開催しました。結論としてPHRという概念は、昨年の日本産業衛生学会でiCAREがランチョンセミナーを実施してからは実質2回目にも関わらず会場はほぼ満

スキ
10
  • 55本

自分に蓋をしていないかー子育てとの両立についてー

お疲れ様です。iCAREの新保です。 僕には来月で2歳になる娘がいまして、保育園に預けながら 妻と共働きで生活しています。本当に超ハッピーです。 ただ、その反面、娘が生まれてきてからずっと 「子育てと仕事の両立」ということをずっと悩んできているようにも 思います。 『これでいいのかな?』『できているのかな?』という気持ちを持ったまま仕事や育児をしている人も多いのではないのでしょうか。 このバランスは家庭によるし、夫婦で決めていくものでもあるけど、 一方で個人がどうしたいかとい

スキ
9

新人インサイドセールスの「心の拠り所」になっている本のご紹介

こんにちは( ´∀`)★! 2022年5月にiCAREのインサイドセールスにジョインしました嶋﨑です! インサイドセールスに携わるのは初めてで、目まぐるしい日々を過ごしております(´-`).。oO 今回、note投稿の機会をいただいたので、これまでの振り返り・備忘録も兼ねて 入社前に読んでよかった本 入社後、おすすめいただいた本 この2つについてつらつら書いていきたいと思います! これからインサイドセールスに携わる方や、iCARE/iCAREインサイドセールスに興味

スキ
13

ウェディングプランナーというとっても面白い仕事について〜SaaS売ってるけどウェディングプランナーもしてますよ〜

こんにちは!iCAREフィールドセールスの植草です! 今日はタイトルの通りですが、実は私は新卒入社で丸5年ほど結婚式場に勤めていた事があります。そこから色々ありまして、現在はSaaSを営業しているという、キャリアとしては中々の振れ幅を経験してます。 最近、フリーのウェディングプランナーとしても活動を始めましたが、様々思う事や気付きがあり、備忘録として残して置こうと思い立った次第です。 1.ウェディングプランナーってどんな事をしているの?『結婚式の前に、打ち合わせをする!

スキ
14

初めての転職でなぜiCAREを選んだか?

はじめまして! 2022年2月に株式会社iCAREに入社した高橋里奈と申します! 入社してもうすぐ2ヶ月が経とうとしていますが、 激インプットをしながら毎日楽しく働いています! 今回は、 「スタートアップで働くのってどんな感じ?」 「iCARE気になる…!」 「これからiCAREの面接を控えているけど、どんな人が働いているの?」 という方に向けてnoteを書いていこうと思います。 1,自己紹介東京の両国で生まれ育ちました。ちゃきちゃきの江戸っ子です! もともと大人しい

スキ
32
  • 71本

こたつラジオに参加した話

先日、みずのけいすけさんがパーソナリティを務める「こたつラジオ」にゲストとして呼んでいただきました。 みずのさんと、コミュニティのリスナーの皆さんがとてもあたたかくて朝から楽しい時間を過ごすことができました。 普段面談で人の話を聴く側になることが多いので、1時間たっぷり時間をかけて自分の話を聞いてもらえる体験はとても新鮮で、うれしかったです。 みずのさんの聴く力と、どんな話をしても必ず受け止めてくれそうな安心感を自分も人と話す時に感じてもらえるようになりたいなあと思いま

スキ
18

究極のアンチエイジング?!

7月にエンプロイーサクセスチームに入社しましたyumiです。      noteデビューです。自己紹介兼ねて綴ってみます。 産業保健師になった理由 進路決定の時期に叔父が幼少の子供たちを残して突然死したこともあり、働く人の健康を守りたいという気持ちもあり、看護の道へ進みました。                                                      看護の勉強をしていく中で保健師が保健所だけでなく企業の中で健康管理の仕事をしていることなども

スキ
11

オフィスでハーブを育ててみたら

なぜオフィスでハーブを育てているのか iCAREでは2022年2月より、「ファイブリングス・チャレンジ」という新たな人事制度を開始しており、その取り組みの一環で育て始めました。 ファイブリングス・チャレンジについてはリンクをご覧ください。 5つのリングとは、「安全と衛生」・「健康増進」・「働きやすさ」・「働きがい」・「生きがい」です。 その中から私たちのチームでは、取り組むテーマの一つに「働きやすさ」を選択し「コミュニケーションを気軽に取れるようにしたい」ということで、共

スキ
15

想像してはたらくこと

気づいたら6月も最終日で明日から7月ですね。 梅雨あけでみなさん暑さにやられていませんか? 企業の人事担当者様や従業員様との会話で 「きょうは暑いですね、お互い熱中症に気をつけましょうね」という労いの会話ができることが最近嬉しいです。 3月にiCAREへ転職し、4ヶ月が経ちました。(はやい〜〜〜!) 今はメインで担当させていただいている企業が12社あり、毎月人事担当者様や産業医の先生と打ち合わせをしながら産業保健業務の支援をしています。 今日はある企業様との打ち合わせが

スキ
43
  • 102本

ISUCON12予選にチーム「フタしてない」で初参加して惨敗しました

はいどうもー。株式会社iCAREでWebエンジニアをしているクドウマサヤ(@masaya_dev)です。 先日7/23、チーム「フタしてない」として、iCAREで共に働いているでんでん(@shogodenden)と遠藤くん(@hiroendore)とISUCONに初参加してきました。チーム名の由来は弊社のCREDOから。 ISUCONとはISUCONはIikanjini Speed Up Contestの略で、「お題となるWebサービスを決められたレギュレーションの中で限

スキ
8

文部科学省のCTOになるという夢

私には今、2つの夢があります。 1つは実現するには少し時間がかかりそうな夢、1つは今すぐにでも取り掛かることができる夢です。 今回は前者について、少しだけ勇気を出して書きたいと思います。 まだ最初の一歩私はもともと中学校の教師をしていて、今は転職してエンジニアとして働いています。 教師だった頃の実体験をもとに席替えメーカーというアプリを開発し、今では毎月1万人以上の人が使ってくれるサービスになりました。 席替えメーカーで解決しようと考えた課題は「席替え業務の効率化」ですが

スキ
57

Rails Girls Tokyo 14thのオーガナイザーに名乗り出ました

未経験から人類やってる駆け出しホモサピエンスこと、むろです。 表題の件について、突然デザイナーのわたしが Rails Girls Tokyo 14thのオーガナイザーに名乗り出ましたという話しです。 どうして? Twitterで「プログラミングを勉強しはじめようとしている社内の人を見かけたから」です。 その人がRubyではない言語を勉強しようとしていたので、Rubyなら弊社は力強いサポーターだらけですが?となったのをきっかけに、気づいたら社内を飛び越えて Rails G

スキ
8

教員からエンジニアへ。今ここでしか経験できない仕事に挑戦できる幸運/みんなで選ぶCredo賞受賞 寺井インタビュー

iCAREでは半期に1回、全社のキックオフとして振り返りと表彰を実施しています。その中でも特に変わった賞が「みんなで選ぶCredo賞」です。iCAREには「楽しまなければプロじゃない」というCredoがあり、この賞は他の賞と違い、社員一同からの投票によって決まります。今回はDevチームの寺井さんが受賞となりました。実務未経験のエンジニアとしてiCAREに入社した彼へ、これまでのキャリアと合わせて受賞の裏側に迫ります。 iCAREに入るまでのキャリアを教えてください 大学を

スキ
27

Marketing team

すべて見る
  • 77本

2040年に向けた8つの問いと働き方

弊社のようなスタートアップ企業にとって、ここ数ヶ月の投資・金融市場の変化は様々な取り組みを見直すきっかけの一つとなります。 特にこうしたネガティブな外部環境の変化は、組織でも個人でもどう捉えるかという解釈力がその後の己の姿を決定づけていくように思います。 別の言葉で表すなら次のシンプルなフレーズかと。 「そう思えばそうなる」 こう書くと、「おいおい…」という声を聞こえてきそうですが、古くから様々な哲学者や偉人の名言には同種のメッセージが含まれており、自らの経験上も一定

スキ
13

定義が大事という話

分析や集計の業務に携わりだして、半年くらいが過ぎようとしています。 実際には、分析というより分析をするための集計環境を整えることに時間を割いています。 今回は分析や集計に関わりだして組織(あくまで10名-15名程度)に感じたこと書かせていただければと思います。 日本語で話してもらえますか?って話皆さん常日頃から多くの会議に参加されていることでしょう。 殊、マーケティングチームの会議では、理解し難いカタカナ、所謂、 横文字やマーケティング用語が日々飛び交っていることではない

スキ
6

社長とサシで食事に行ってみた!社内イベント特典を活用したレポート

社長とサシで食事に行けることになった背景株式会社iCARE とは? 2011年6月に「働くひとの健康を世界中に創る」というパーパスをかかげ設立。健康管理システム「 Carely(ケアリィ) 」の開発・運営を行う企業です。 2021年12月、Carely Sustainable Expo 2021 を自社で開催し、 企業の人事労務・経営層2,400名を超える参加申込を集めた実績もあり、 2022年2月にシリーズEの資金調達を実施しています。 自己紹介 2022年2月より

スキ
9

準備が9割!展示会マーケティング

こんにちは!!! スタートアップやベンチャー企業でこんな言葉を聞いたことないですか? 「弊社は若手から裁量があり、すぐにリーダーを任せます!」 この言葉は「アットホームな職場です!」「残業はありません!」と同じくらい、求人情報において信用していないのですが、この度ありがたいことに、この言葉が現実になるビッグチャンスが舞い降りてきました笑 なんと、外部が主催するイベントとして、年間で一番大きな予算を投下する展示会のプロジェクトリーダーを務めることになりました。 余談が長く

スキ
14