iCARE Official note

「働くひとの健康を世界中に創る」をパーパスに掲げる株式会社iCAREのOfficial…

iCARE Official note

「働くひとの健康を世界中に創る」をパーパスに掲げる株式会社iCAREのOfficial note。 メンバーの日常から事業、制度など幅広くバラエティ豊かにお届けします。  https://www.icare-carely.co.jp/

リンク

マガジン

iCARE Advent Calendar 2021

iCAREメンバーがリレー形式で実施するアドベントカレンダー2021編です!

くわしく見る
  • 11本

本年もありがとうございました。

株式会社iCAREの山田です。(Twitter:@yotayamada) この記事は、iCARE Advent Calendar 2021 25日目最後のエントリーです。 昨日の担当は、iCARE COOの石野が年間の振り返りをしていますので、合わせてぜひ読んでください! iCAREの激動の1年について私なりに振り返ってみます。あまりにも多くのことがあり過ぎて書ききれませんが、CEOとして注目したものをご紹介します。 Purposeへ統合した iCAREは、これまでV

スキ
35

2021年を振り返る

このエントリは「iCARE Advent Calendar 2021」の24日目です どうも石野です。 みなさま、今年も大変お世話になりました! ということで、今年も 「数字で振り返るiCARE」 を発表してみたいと思います! ちなみに、2017年から続けてるので、もう5回目ですね。 過去の振り返り(2017〜2020) 数字で振り返る2021 と、今までどおり赤裸々にCarelyのデータ数を出そうと思ったのですが、色々と情報公開の制限もできましてごめんなさい。せ

スキ
9

チャンスの賞味期限

この記事はiCARE Advent Calendar 2021 の21日目のエントリです。 私は今iCAREという会社に勤めており、今日はそのiCAREでのアドベントカレンダーで私の担当日になったので、過去のしくじりも含めて未来の自分へプレッシャーをかけようと思います。 突然ですが、皆さん「チャンス」は掴めてますか? 「お前何言うてんねん」と思ったそこの貴方、奇遇ですね!数年前の自分と同じです! 最初に、なぜこれを書こうと思ったかについて少しだけ触れておきます。 i_

スキ
40

実践に勝る財産はなし! 〜2021年は新しいことに、 たくさんチャレンジした年でした!

このエントリーはiCARE Advent Calendar 2021 19日目です!こんばんは! サービスコンサルテーション部エンプロイサクセスチームの山本です。 エンプロイサクセス(以下ES)チームは今年度から新サービスを開始し、 大きな変化を遂げました! これまではテキストカウンセリングが主軸であったのですが、 「リモート保健師」という形でオンラインで各企業の産業保健体制構築のお手伝いができるようになりました。 そして、「オンライン研修」、「Carely健康経営コンサル

スキ
17
  • 126本

ランドセルと向き合う1年になりそうです。

こんにちは。こんばんは。iCAREのたじーです。 わが子は4月に年長さんになり、未就学児の時期を1年切ったのだなと思うと、成長したな~と嬉しさが現れると同時に、さみしさを感じる、そんな父親生活をしています。 さてさて、今回は来年度小学生になるということもあり、絶賛悩んでいるランドセルについて、子育て世代の皆様に少しでも役に立てればと思い記事にしてみました。少しでも参考になれば幸いです。 ランドセルを何にするか問題 小学生になると必須アイテムになり、お子さんいるどのご家庭

スキ
13

ロジカルに考えることの重要性

はじめに2024年ももう5ヶ月が経ちますが、いかがお過ごしでしょうか。 (ほんとに時間が経つのは早いですね) 株式会社iCAREの経営企画部の松尾です。 サムネイルは本文の内容には関係ありませんが、先日行った動物園のゾウです。感想は「大きいな」でした。 さてみなさま、少し前に話題になったこの広告ご存知でしょうか? 要は「電車で座るためにはどうしたらいいか」をコンサル的な思考で論理立てて分析、提案をしている資料なのですが、これが(ちょっとバカバカしくもあるんですが)とても

スキ
15

「良いキャリア」は誰も用意してくれない

随分と久しぶりの更新となってしまいました。 何を思ったかとんでもタイトルにしたのですが、キャリアについて考える機会が最近多く、ここいらで文字に起こしておこうと思い、色々と書いてみます。(カバー写真は2月に行ったThe Saunaの一コマです) 毎度のごとく長く、大事なことは後半に書いてあるのでお時間のない方は「2024年2月〜」の目次まで飛ばして見てください。 前置き 私は今iCAREという会社で人事をしているのですが、今月末で入社して丸3年が経ち、来月からは4年生に

スキ
55

休日におすすめの鉄道スポットをただ語りたい

こんにちは、iCAREで人事をしている こうのです。 ちょうどGW真っ只中の5月1日ですが、みなさんのお出かけの予定はどんな感じでしょうか? うちにはもうすぐ3歳の子どもがいるのですが、かれこれ1年以上鉄道ブームが続いていて、今年のGW前半もわが家は鉄道まみれでした。笑 せっかくなので今回のnoteも、大好きな鉄道のお話を書こうと思います。 関東の施設だけをまとめたのでお出かけの参考になったら嬉しいです〜!(東京駅の新幹線ホームで推し車両待ちして、見たら帰るだけ…みたいなの

スキ
24
  • 183本

キャリコン更新講習(技能)を初受講した話(with #忘れられないことば)

こんにちは、iCAREの金原(きんぱら)です。 写真は東京大学の構内にあるあづまや(と言うには豪壮すぎますが)です、先日はじめて大学敷地内に入ったのでその記念に撮りました。 国家資格キャリアコンサルタントという資格は、5年毎に更新があり、更新のためには指定の更新講習を一定時間分受講する必要があります。 金原は2023年に資格取得しているので、まだまだ更新まで猶予はあるのですが、興味半分実務活用半分で実技講習8時間の「【CCA】人的資本経営におけるセルフ・キャリアドック実践」

スキ
27

【小ネタ】産業保健時事ニュース用のGoogleアラート設定を公開します

産業保健関連時事ニュースを更新するために、Googleアラートを設定しているのですが、誰かの役にたつかもとふと思ったので公開します! どなたかのご参考になれば~! ちなみに・・・ 更新の際はアラートで送られてきたニュースのタイトルはすべて目を通し、 良さそうだと思った記事に目を通した上で、読んだものの中からピックアップしています。 会員登録不要なもの、無料で読めるものを中心に、 具体的なデータや事例が掲載されている、労災関連は「事故が起こって結果どうなったのか」まで記載され

スキ
6

産業保健関連 時事ニュース #14

自身の学習を兼ねて、産業保健に関する情報を独断でピックアップします。 専門職向けの記事というよりは、事例や判例などを集める方向性で考えています。目指せ継続更新 🔽研究データやアンケートなど日本の就業者の“はたらくWell-being”をとりまく社会・経済的要因の国際比較 中小企業の人手不足と賃上げの現状〜人材確保に向けて〜 人材は「自分で成長するもの」「企業が育てるもの」で意見が二分 年代別でも差が見られる—Job総研調べ 私(40代)は「自分で成長するもの派」ですが

スキ
9

産業保健関連 時事ニュース #13

自身の学習を兼ねて、産業保健に関する情報を独断でピックアップします。 専門職向けの記事というよりは、事例や判例などを集める方向性で考えています。目指せ継続更新 🔽研究データやアンケートなど【SDGs×Z世代調査&討論】女性はジェンダー不平等は未経験がゆえに関心高く、働く際にはワークライフバランスを重視 高齢者の脳卒中は過体重の方が低体重より回復などが良好、国循が確認 【研究成果】歯周炎治療が心房細動再発を抑制 ~心房細動診療も医科歯科連携で~ 定期的に歯医者さんにメン

スキ
12
  • 206本

CEOになって悩んだ時に救ってくれた一言

こんにちは、iCAREの山田です。当社の産業保健師である立山が運営する「ことばの日」が明日5月18日で5周年を迎えます。5年間も継続してやり続けることはとても大変なことだと思います。応援しています。 昨年の記事はこちらです 今年も私が忘れられない言葉を紹介します。 組織が数十名の規模になったとき現在iCAREは140名くらいの組織ですが、第1号正社員が入社したのが2015年になります。2016 - 2017年の頃は10-20名くらいでした。その時は、大人の部活動みたいに

スキ
28

iCAREの部長向け輪読会:視野を広げ、相互理解を深めるプロジェクト

iCAREの人事施策で今回、CEO山田・COO石野が主導してやったプロジェクトを今回は紹介させてください。 2021年12月20日から2023年5月15日までの約1年半の間、私たちiCAREでは特異かつ革新的なプロジェクトを推進してきました。 「部長向け輪読会」 その名の通り、これは部長以上のスタッフたちが集まり、各自の視野を広げ、相互理解を深める目的を持った取り組みです。約10名前後の部長たちが対象となりましたが、当時転職組も多くいて組織的な課題として それぞれが独自

スキ
25

社会人になって、11年目です。

iCARE公式ブログをご覧のみなさん、おはこんばんちは。中野雄介です。 本日4月29日は我が生誕記念日でございまして、御年33歳になりました。元々実年齢より5~7歳ほど年増に見られるタチで、先日とうとう40歳に間違えられましたが、一応33歳です。 と同時に、この4月から社会人11年目に入りまして、社会人としてちょうど10年が終わりました。10年というのもひとつ節目になる期間かなとは思いつつ、あまり期間的な節目を大切にするタイプではないのでそんなに気にしてなかったのですが、

スキ
30

人事(HRM)は、組織の生産性や業績にどう影響するのだろうか

そもそも人事の施策って組織の生産性や業績に本当に影響しているのでしょうか。そのロジックはどういうものなのでしょうか、という観点から疑ってみて、私が関わっている健康戦略・施策の領域を俯瞰してみたいなと思ったので調べてみました。2つのまとめ研究があったので紹介します。 1つ目は、2010 年のまとめ研究ですが、人的資源管理(HRM)が存在することで組織は生産性を上げるのかという議論が定期的に起こり、人事部門を縮小したり、拡大したりを歴史的に繰り返しています。その中で、HRMは組

スキ
32
  • 139本

3年連続3回目のRubyKaigiへ、自分なりの楽しみ方まとめ

はいどうもー。株式会社iCAREでCTOを務めているクドウマサヤ(@masaya_dev)です。いよいよ明日から沖縄・那覇にてRubyKaigi 2024が始まりますね、わいわい。弊社もSilver Sponsorとして協賛させていただいています。 たくさんの刺激と学び、そして素敵なRubyistの方々との出会いを得られるカンファレンスで、今年も開催を本当に楽しみにしていました。 私は今年で3回目のRubyKaigi参加となるので、初参加の方々にちょっと役立つ情報でも届け

スキ
25

youは何しにiCAREへ?

おはようございます、こんにちは、こんばんは! 私は現在、株式会社iCAREのDevelopment部 Product Deliveryグループ クラウドPdMチームでプロダクトのデザインを担当しております。 自己紹介改めまして、くりやまです!! 突然ですが、くりがつく人のあだ名は、9割が「くりちゃん、くりさん」であるというトリビアがあってもいいなと思ってます! だって、親父も弟もくりちゃん、友達のくり⚪︎くん、くりは⚪︎くんもくりちゃん、おそらく世の中のくりが付く苗字や名前

スキ
20

youは何しにiCAREへ?

初めまして!2024年4月にiCAREに入社しましたつーつーです。 Development部PlatformグループQAEチームに所属となりました。 よろしくお願いします! 自己紹介バックエンドエンジニア(COBOL,Java) → QAエンジニアやラインマネージャーという感じの経歴です。 バックエンドエンジニアとしては、セキュリティが厳しい環境で金融系のシステムに関わっておりました。(外部環境にアクセスできないなど)紙媒体の大量のエビデンスをレビュー時に用いたり、20年

スキ
26

Don't think! Feel. ...Then, asking yourself ~ 定性を疑うな ~

どうも vur こと達朗です。 日頃 iCARE にてEM(エンジニアリングマネージャー)として働いております。 (お仕事系の記事は 'どうも' 言いがち) 今回のタイトルですが、"Don't think! Feel.〜" の部分!世にも有名な例のフレーズですね。 20代の方などは全くわからない方もいるかと思いますが、 これ 中国武術家、武道家、俳優、哲学者である ブルース・リー (Bruce Lee) が 燃えよドラゴン で放った名ゼリフで、今ではさまざまな作品や場面で

スキ
19