帰省の度に食べてしまうものは・・・
見出し画像

帰省の度に食べてしまうものは・・・

※この記事は2019年5月30日に投稿されたものです

お初お目にかかります。

薄葉と申します。

ブログ投稿を拝命しましたので恭しく書かせていただきます。

テーマについてですが、働くひとと組織の健康づくりに日夜励んでいる弊社らしく健康管理についての記事にしようかとも思ったのですが、空腹には勝てず好きな食べ物について書かせていただきます。
健康についての記事は次回、乞うご期待。

さて、当たり障りのない話題ランキングトップ10には入るであろう好きな食べ物についてのお話です。

僕も御多分に洩れずありきたりな食べ物が好きです。
ずばり、それはスープカレーです。

みなさんよくご存知の通りスープカレーとは北海道札幌市発祥のサラサラしたスープ状のカレーです。
出汁の旨味とスパイスのマッチングが大変美味で、数多くのスパイスを調合して旨味とコクを出しています。
それを別皿に守られたライスと食べます。
また、野菜はじゃがいも、たまねぎ、にんじん、他にもピーマン、かぼちゃ、ブロッコリー、なす、オクラなどを素揚げしていれたりよく煮込まれた物が入っているなど様々ですが総じて具材は大きい傾向にありますね。
メインの具材としてチキンレッグがスタンダードですが、ラムや角煮など様々なバリエーションがあります。北海道の札幌市内には「スープカレー」を提供する店がたくさんありますが、それぞれ違ってそれぞれ美味しいです。(ラーメンの店ごとの違いみたいなものをイメージしてください。)

というわけでこれ以上書くともっとお腹が空いてしまうので何枚かスープカレーの画像を載せておいとまさせていただきます。

画像1

イエロー/札幌市中央区

画像2

エスパーイトウ/札幌市西区

6/4加筆
、と投稿したことに満足していたのですが、スープカレーのどういうところが好きなのを書くようアドバイスいただきましたので追記いたします。

スープカレーの好きなところ

・辛くて美味しい
スープカレーは辛さを選べるので、辛いのが苦手な人から口が唐辛子でできているような辛口コメンテーターまで老若男女問わず自分の好みの辛さで食べることができます。
僕はストレス解消でそこそこに辛くして食べるのが好きです。(option料金がかかる一歩手前くらい。)

・健康的で美味しい
何と言っても野菜の多さと食べ応えが特徴のスープカレー。
都会での生活で乾いた心と身体に染み込むビタミンが心地良いです。
なんといっても素揚げされたブロッコリーは絶品ですね。
塩分は多少気になりますが健康的と言っても差し支えないのではないのでしょうか。

・各店個性があって美味しい
ラーメン屋をイメージしていただければわかりやすいのですが、一つとして同じ味のお店はありません。
大きなごぼうがスープ中央に鎮座している店もあれば、見た目も味もアジアンテイストになっているお店もあります。
店内の内装に凝っており、ついつい長居してしまうようなお店もあります。
食べ歩く楽しみが尽きず出先でついつい食べ○グを開いて「現在地 スープカレー」で検索してしまうこともしばしばありました。

スープカレーのよくないところ

・財布に辛い
北海道の相場で1200円ほど。
東京では1400円程度が相場となっています。
食べ応えもあるので割高感はありませんが、金銭的には堪えます。

・お腹が空く
僕だけかもしれないのですが、食べに行った日はスパイスの影響なのかいつもよりお腹が空きます。
ダイエットには向かないかもしれませんね。


読んでいただきありがとうございました。

最後まで読んでいただきありがとうございます!公式TwitterでiCAREの最新情報を発信しています。是非覗いてみてくださいね!

わたしもスキ〜!
「働くひとと組織の健康を創る」をミッションに掲げる株式会社iCAREのOfficial note。メンバーの日常から事業、制度など幅広くバラエティ豊かにお届けします。 https://www.icare.jpn.com/