iCARE Official note
マーケティングってこんな感じ
見出し画像

マーケティングってこんな感じ

iCARE Official note

※この記事は2020年4月15日に投稿されたものです

こんにちは、ケイトです。

ところで、マーケティングチームって何してるの?

先日とある人に聞かれました。
一応iCAREでは毎週全体定例があって、
マーケティングチームも発表をしてるのですが...笑

でも言われてみると、

そもそも何を目的に?
どんなことをしてるのか?
って分かりづらいですよね。
ということでブログに書いてみることにしました。

(ここから書くことは個人の見解です)

ケアリィを知ってもらう・興味を持ってもらう

マーケティング・ファネルという考え方がありまして、
人がものを買うまでの流れをジョウゴの形にあらわしたものです。 

画像1

知る
興味・関心を持つ
比較・検討する
買う
この流れの中で、マーケティングは興味・関心を持ってもらうというところを
主にになっています。
(PRもマーケティングチームとして活動しています)

興味・関心を持ってもらうってどうやるの?

課題 × 解決 の方程式を見つける

シンプルにしていくと、

お客さんはどんな課題を持っているのか?
その課題はどうやって解決できるのか?
というところに行き着きます。

画像2

そして、深く解析していく。

なぜその「課題」は出てきたのか?
「課題」を抱える人はどんな人なのか?
いつどこで「課題」は出現するのか?
今はどうやって「課題」を処理しているのか?
といった具合に、「課題」「解決」をより具体的にしていきます。
これを解像度を上げると呼んでいます。
解像度が上がれば上がるほど、課題 × 解決の方程式は
精度が上がっていくわけですね。

お客さんの情報を集める

そうしてケアリィを使ってくれそうなお客さんへ情報提供をして、
その中から興味・関心を持ってくれたお客さんの情報を集めます。

お客さんが興味を持ってくれたときにしてくれる行動のことを
「CV(コンバージョン)」と呼び、

そのお客さん情報を
「リード」と呼んでいます。

画像3

これをいかに集めるかが、マーケティングチームの現在の目標です。

マーケティングの手段と必要なこと

お客さんへ情報提供をして、つながるために、
iCAREのマーケティングチームでは、
このイラストに書いてあるようなことを行っています。

画像4

しかし、日本には何十万もの企業があります。
「働くひとと組織の健康を創る」というゴールに向かうために、
数多くの企業が、さまざまな課題の壁にぶつかっています。

その課題とはなにか。
ケアリィで解決できることはなにか。

今まで以上に、ケアリィに興味・関心を持ってもらえるひとと
出会うために、マーケティングチームは、前進し続けていきます。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!公式TwitterでiCAREの最新情報を発信しています。是非覗いてみてくださいね!

iCARE Official note
「働くひとの健康を世界中に創る」をパーパスに掲げる株式会社iCAREのOfficial note。 メンバーの日常から事業、制度など幅広くバラエティ豊かにお届けします。  https://www.icare.jpn.com/