理系院卒でベンチャーに迷い込んだ子羊
見出し画像

理系院卒でベンチャーに迷い込んだ子羊

※この記事は2020年7月17日に投稿されたものです

はじめして!

7月1日よりiCAREにフィールドセールス(FS)としてジョインした、か弱い子羊です。
趣味は週5日の筋トレと栄養学の研究です。
(ディズニー好きではないです)

画像1

何を書こうか迷ったんですが、どういう人がFSとして働いているのか?
そんな疑問にお答えすべく、僕がなぜiCAREにジョインしたか、を書こうと思っています。

【この記事の目次】

・子羊の略歴
・ベンチャーを選んだ理由
・iCAREを選んだ理由
・おわりに


子羊の略歴


1993年 愛媛県松山市で生まれる
2012年 高校卒業まで愛媛で育つ(サッカー部に所属)
2012年 上京
2018年 慶應大学で再生医療の研究
2018年 ビジネスを志し、ITベンチャーに就職
2018年 半年で会社が倒産
2018年 バイオベンチャーで営業として転職
2020年 iCAREにジョイン

こうやって振り返ると、2018年に色々と起きてるな、と思います。
社会人3年目にして3社目という、聞くとむむっとなる経歴かもしれません。

ベンチャーを選んだ理由


同級生の多くが、メガバンク、大手総合商社、大手メーカーなどに就職していく中、僕はベンチャーに行くという変態な道を歩みました。

理由はただ一つで、
『大企業に入ってホッと安心な時代はとうに終わったから』

画像2

30年前の日本はめちゃくちゃ勢いがありました。大企業に入ることが正解の時代です。

でも、30年経った今、時価総額ランキングから日本企業が消え去りました。残っているのはトヨタ1社のみで、しかも35位。

加えて、自動車業界で世界一位のトヨタも時価総額ではTeslaに抜かれましたよね!

時代がこれだけ変わったのだから、親世代の大企業に入って定年まで勤め上げるという終身雇用、そして、年功序列や年金制度などは崩壊していると思っています。

自分の常識もアップデートすべく、潰れてもいいからベンチャーに入って、考え方と稼ぐ力を身につけようと思いました。

結果として、1社目の会社は本当に半年で倒産するという経験をしたわけですが(笑)

僕個人としては、一片の悔いなしです。


iCAREを選んだ理由


2社目の会社では、大学での研究の経験を活かして、バイオベンチャーに就職し、営業として全国を飛び回る生活をしていました。

営業としてもそれなりの結果を出していましたが、何か物足りなさを感じる日々でした。

その理由は、営業として個人プレーがメインの組織で、チームとして一つの目標に向かって取り組む!という一体感に欠けていたのです。

サッカーというチームスポーツをやっていた僕からすると、

・メンバーとして組織に貢献すること
・メンバーの成功のために尽力すること
・勝てるチームに所属すること


は何よりモチベーションの根源であり、大切にしていることです。

そんなモヤモヤを抱えているときに、洋太さんのKBS時代のご友人からiCAREを紹介いただきました。

話を聞いて、面接をして、もうここしかないな、と思いました。

このチームは勝てる組織だと思ったのです。サッカーで言えば国立に行けるチームだと。

iCAREのメンバーはそれぞれに特技があって、それぞれに違う役割があるけれど、一つの目標に向かって進んでいるという、一体感がすごくあります。


おわりに

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

入社して数日が経ったある日、

『やっぱりiCAREに入社するのは、君みたいな変態だよね』

と言われた時に、素直に嬉しいなと思ってしまったことを覚えています。

iCAREで最も製品を売る男に、そしてヘルスケア業界で最もマッチョなセールスマンを目指して、鬼神の如き、邁進して参ります。

by とっくん

画像3


最後まで読んでいただきありがとうございます!公式TwitterでiCAREの最新情報を発信しています。是非覗いてみてくださいね!

サンキュー!
「働くひとと組織の健康を創る」をミッションに掲げる株式会社iCAREのOfficial note。メンバーの日常から事業、制度など幅広くバラエティ豊かにお届けします。 https://www.icare.jpn.com/