カープっ!カープっ!カープっひろしまっ!ひーろしーまカープぅ〜!
見出し画像

カープっ!カープっ!カープっひろしまっ!ひーろしーまカープぅ〜!

※この記事は2016年9月22日に投稿されたものです

iCARE公式ブログをご覧のみなさま、おはこんばんちは。こう見えて昔は根っからの野球小僧だったゆーすけです。



野球と言えば、もちろん今年の一大ニュースは広島東洋カープ25年ぶりのセ・リーグ優勝ですよね!

ごきげんようが始まって25年、SMAPがCDデビューをして25年、そしてゆーすけが生まれて25年!

カープファンのみなさん、本当におめでとうございます!

ファンが「待った」優勝の瞬間、緒方監督が宙に「舞った」んですもんね!



いやーしかし今年のカープは強かったですよねー。

優勝までの勝ち星82勝のうち、なんと42勝が逆転勝ち。凄まじい勝負強さ!


その強さの秘密は一体どこにあるのか。そんな疑問を払拭しようと、

画像1

一路、広島に飛び立ちました。


今、明かされる常勝カープの秘密①

途中にある赤いローソン


広島駅から徒歩10分、旧広島市民球場の魂を受け継ぐカープの聖地マツダスタジアムが現れます。



その途中で見つけてしまいました。世にも珍しい赤いローソン。

画像2

「○Kにもホ○フ○ラにもこの場所は譲らぬ!プライドなんぞ捨てて、赤裸々な姿で立ちはだかってやるわい!」と言わんばかりのローソンの本気をそこに垣間見た気がします。



補足をしておきますと、私の格好は広島東洋カープのマスコット『スライリー』の着ぐるみでございます。

広島市内のドンキホーテで3,980円で売られているのを発見。即買い・即着衣・即発汗です。

画像3

後ろ姿もクールですね。ただ注目すべきはこのメガホン。

画像4

これ、メガホンではなく、カープラップと呼ばれるサランラップです。同じくドンキで購入したのですが、これがまた良い音鳴るんですワ。



こうして私のカープファン変装は整いまして、本場のカープファンから「その格好、暑いじゃろ?」という、よそ者でなんちゃっての私を認めてくれるような、アツいお言葉を一日のうちに計10回ほど頂くのでした。



今、明かされる常勝カープの秘密②
ふわふわカープ坊や


球場入りした直後、いの一番に目を引くのが、ライトスタンド近くに生息する巨大なカープ坊や、通称『ふわふわカープ坊や』です。



当日陣取っていた3塁側内野席の最上段からでもはっきりとわかる、この大きさ。

画像5

「巨人」「勝利の神様」と呼ぶ以外に言葉が見当たりませんよね。



今、明かされる常勝カープの秘密③
カープファンの芸能人が歌う『それ行けカープ』


そうこうしてるうちに、いよいよプレイボールかと思ったその時。あの有名なカープの応援歌『それ行けカープ』のイントロが流れ始めましたではありませんか。これにはカープファンのテンションも、こいのぼり間違えた、うなぎのぼりです!

画像6

出典:カープファンの芸能人大集結!応援ソング「それ行けカープ」のMVが豪華すぎる! - Spotlight (スポットライト)


なんと豪華なキャストでしょう!

カープっ!カープっ!カープっひろしまっ!ひーろしーまカープぅ〜!バックスクリーンに次々と映し出される芸能人とともに、球場全体が大合唱!


広島東洋カープ vs 中日ドラゴンズの第25回戦!

いざ、戦いの火蓋が切って落とされます!今日も勝とうぞカープよ!!



今、明かされる常勝カープの秘密④
7回ウラに乱舞する赤いジェット風船


カープの先発ヘーゲンズから4回表に2点、5回表に3点と順調に得点を重ねるドラゴンズ。対するカープ打線は、ドラゴンズ先発小熊の緩急を使ったピッチングの前に凡打が続きました。

画像7

1対5で迎えた7回ウラのカープの攻撃。ここでカープファンが一斉に赤いジェット風船を空に向かって飛ばしております!

こ、これは甲子園球場で見られる、かの有名な阪神タイガースファンのお家芸をパクパクしてしまったのか?!それとも、元来よりカープファンの血潮にはトラのDeNAおっと手が滑ったDNAが混じっていたとでも言うのか?!



なんて思ったのも束の間、ウィキペディア先生がその歴史を知っていました。実は、ジェット風船を一番最初に飛ばし始めたのは、他ならぬカープファンだったのです。

ジェット風船 - Wikipedia


すげえ、やっぱすげえよカープ!そしてカープファンのみなさん!知れば知るほど、体表からoops my mistyping目からウロコです!



今、明かされる常勝カープの秘密⑤
カープファンの底知れぬ愛


これです。やはりこの愛を語らずして、カープは語れまいとさえ感じました。そう感じた理由を2点ほど。

会場が赤一色

とにかく球場全体がカープレッドに染まってるんです。これだけファンの人がチームカラーのグッズを身に着けているというのは、かなり珍しいのではないかと思います。そこに入ったらどんな格好でも許されるディズニーランドのような異空間とでも言えるでしょう。

画像8

その異空間の渦中で、写真右下のお兄さんが派手にやらかしてくれています。紺地に黄緑色の文字が書かれている、外苑前駅付近で見かけそうな配色の帽子を被っちゃってます。帽子全体に「Carp」と書かれているようですが、真っ赤に染まったカープの応援席で、そのような帽子を被って応援席にスワローだなんて、私の目はごまかせません。



ファンも最後まであきらめていない

通常、野球観戦というのは敗戦が濃厚になってくると、途中で帰ってしまうファンもいるものです。しかし、カープファンは9回裏3アウトまでまったく帰らない。この日の試合展開の影響もあったかもしれませんが、最後の最後まで逆転を信じてやまないカープファンの想いが滲み出ていました。

画像9

ただ、カープの粘りも届かず、この日は負けてしまいました。

広島東洋カープ vs 中日ドラゴンズの第25回戦は、ドラゴンズに軍配が上がりました。ばらばらと球場を後にするカープファンを送り出すように、試合終了後に映し出されたバックスクリーンの文字を見て一言。「なぜここでエヴァンゲリオン?」





ということで、私の広島遠征は幕を閉じました。

残念ながらカープの勝利を見ることはできませんでしたが、今季圧倒的な強さを誇ったカープと、リーグ優勝を支えた溢れる愛の化身カープファンのみなさんには、ぜひ日本一を掴み取って欲しいと思います!!

画像10

カープの日本一を願って、(途中まで飲んじゃってるけど)乾杯!






以上、愛知県名古屋市出身のゆーすけがお届けしました。

最後まで読んでいただきありがとうございます!公式TwitterでiCAREの最新情報を発信しています。是非覗いてみてくださいね!

サンキュー!
「働くひとと組織の健康を創る」をミッションに掲げる株式会社iCAREのOfficial note。メンバーの日常から事業、制度など幅広くバラエティ豊かにお届けします。 https://www.icare.jpn.com/