社内の健康活動は「笑顔」を生む
見出し画像

社内の健康活動は「笑顔」を生む

※この記事は2017年3月4日に投稿されたものです

みなさん、こんにちは。iCARE代表の山田です。

定期的に開催しているiCARE Timeで、パーソナルトレーナーの山野上さんに来ていただき、固くなっているカラダをスッキリしてもらったのでその報告です。

画像1

iCAREは「健康優良法人」に認定されるくらい、健康に対してひと一倍、いや十倍気をつけているプロフェショナル集団です。

(一部、まだ引き締まっていない方もいますが 笑)

そのような集団であっても、月1定期的にやらないとどうしても運動習慣が疎かになってしまいます。


健康を創るためには、食事・運動・睡眠・マインドの4つを高める必要があります。

その中でも運動とマインドは最も難易度が高いです。

理由は、習慣化する前に辞めてしまうからです。

では、運動の習慣付けで最も大切なことは何か知っていますか?


それは、日常にある「自分の習慣」の延長上に「運動」を加えることです。

例えば、山田は1週間に1回ジムに行ってストレッチ・スイム・筋トレ・ランニングを2-3時間かけてやっています。しかし、一時期行けないときがありました。

それは、日曜日にジムに行く習慣になっていた時期です。

「日曜ゆっくりと家でくつろいでいるときにわざわざ…」

そういうときって悪魔のささやきがあるわけです。

みなさんも経験ありませんか?

 

 家で筋トレすれば良いから。。。

 昨日ちょっといつもより走ったから。。。

 今日の食事減らせば良いから。。。


そうなんです。

ささやきだらけw


そんな習慣を脱したのは、ジムに行く日を土曜日に変えたことがきっかけです。

私は土曜日、総合内科と心療内科のクリニックで、9時~15時まで患者さんと向き合っています。


そうです、ここなんです。ポイントは。

毎週必ずある習慣に「運動」を「追加」することで、継続できるようになったわけです。

今まで続かなかったひとは、是非お試しください。


画像2


さて、話をiCARE Time に戻して

今回も山野上トレーナーから、みっちり45分間ストレッチとトレーニングをやってもらいました。


◆山野上トレーナーのプロフィール


tr-yama.com

弊社人数も増え、デスクで運動のスペースがなくなったため、椅子を使ってやるプログラムを中心にやってもらいました。

これがまた、秀逸なプログラム!!

ゲーム感覚でみんな笑いながらやり遂げました。終わった後のすっきり感はやっぱり良いものですね。PC業務で固くなっていますから。


オフィスでやることによって、「笑顔」が生まれるわけです。

トレーニングしているときは、上司も部下も部署も関係ない。

副次的な効果として、個人の健康だけでなく組織の健康にとっても大切だと感じています。

組織を健康にするには、みんなで笑顔を増やせば良い。

画像3


人事総務の方で山野上さんに1度お願いしてみたい方は、山田まで連絡下さい~

半端なくスッキリして、チームが笑顔になりますから。


画像4

みなさんのワークライフに、運動のあるひとときを~。

最後まで読んでいただきありがとうございます!公式TwitterでiCAREの最新情報を発信しています。是非覗いてみてくださいね!

わたしもスキ〜!
「働くひとと組織の健康を創る」をミッションに掲げる株式会社iCAREのOfficial note。メンバーの日常から事業、制度など幅広くバラエティ豊かにお届けします。 https://www.icare.jpn.com/