『神様は、その人が越えられない壁は与えない』
見出し画像

『神様は、その人が越えられない壁は与えない』

※この記事は2018年4月4日に投稿されたものです

そう聞いたことがあります。



神様、本当でしょうか。。

私はこの壁を登ることができるのでしょうか。。?





今、私の目の前にある壁。






それは・・・、








画像1


そう!

ボルダリングの壁です!!




こんにちは。メディカルスタッフのわたなべです。

先日、ボルダリング部に入部しました。

毎回4人くらいで活動しています。


初心者なので、ひとまず難易度が低いものから挑戦しています。

(私達が通っているところは、難易度が色分けされていて、

 ピンク→オレンジ→赤→青→緑→・・・という感じになっています。)


登り方も人それぞれで、みんな試行錯誤しながら、一番上にあるゴールを目指します。






若者Rくん。

画像2

さすが、若いだけあって斬新な足のかけ方です。

安定感がハンパないです。

柔軟な考え方が大事です。






我らが部長Uっちー。

画像3

さすが部長。初ボルダリングなのにいきなり青から始めています。

しかも、隣の壁に寄りかかりながら登ろうとしています。

そういう思い切った行動も大事です。





最年長のTさん。

画像4

必ず全体を見ながら、イメージトレーニングをして望んでいます。

登る道先を考える。

大事なことですよね。






さて、私はというと・・・、

画像5

一番簡単なピンクばかりに挑戦しています。

順序よく少しずつ進んいきたいです。

無理は禁物です。

大事なことです。





(腕がぷるぷるしてなかなか進まないということは内緒です。)








壁の登り方は人それぞれ、進み方も人それぞれ。

登ることばかりを考えずに、時には一度下りてもう一度全体を見てみる。


もしかしたら、全く別な登り方がひらめくかもしれない。


いろ〜んな見方があるんだなぁーと思います。


奥が深いです。ボルダリング。







神様、ひとまず、私はわたしのペースで壁に挑みます。

きっと、いつかは 乗り越えることができるはず。。?

そう信じて壁に挑みます(`・ω・´)ゞ







壁に挑んだあとの清々しい表情の仲間たち。

画像6


神様、ステキな笑顔をありがとう。






おわり。

最後まで読んでいただきありがとうございます!公式TwitterでiCAREの最新情報を発信しています。是非覗いてみてくださいね!

わ〜い!スキありがとう!
「働くひとと組織の健康を創る」をミッションに掲げる株式会社iCAREのOfficial note。メンバーの日常から事業、制度など幅広くバラエティ豊かにお届けします。 https://www.icare.jpn.com/