iCARE10周年記念イベント開催〜ご協力いただいた皆様への感謝〜
見出し画像

iCARE10周年記念イベント開催〜ご協力いただいた皆様への感謝〜

iCARE10周年イベント

2021年6月14日、おかげさまで株式会社iCAREは創業10周年を迎えました。スタートアップとしても、イチ企業としても、10周年は非常に重要な節目です。ということで、4月から周年行事の準備を進めていたのです。しかしながら、コロナ感染拡大や緊急事態宣言の影響もあり、当日の開催は諦めざるを得ず・・・。4回目の緊急事態宣言が下される前に感染対策を講じた上で、規模を縮小させて開催しました。

過去には関係者やお客様を招待してイベントを開催したこともあり、非常にオープンでフレンドリーな会社という自負があるのですが、今回は出社している一部のメンバー+オンラインでの開催に。(参加をご期待いただいていた方、ごめんなさい!)

画像9

育休中のメンバーも少しだけ参加してくれました!

大事にしたこと by 5代目iCARE文化村

画像3

iCAREでは、全社イベントの企画・運営において「文化村」と呼ばれる有志が担っています。社内のコミュニケーション機会の促進、文化共有あるいは文化醸成の場づくりを目的としています。2021年4月に集まった5代目メンバーの最初の大仕事として10周年イベントの準備が始まりました。5代目文化村の裏テーマはScrap&Build(スクラップアンドビルド)ということもあり、これまでうまくいった方法も含めて従業員100名を超えた現在のiCAREの状況に照らし合わせた運営方法を改めて議論しました。

10周年イベントの開催は、従業員やこれまで支えてくださった方、日頃からお世話になっている関係者のみなさまへの感謝を伝えることを目的としたいところです。しかし、iCAREはここ2年で従業員が急増し、1年前のことさえ知らないメンバーが多数います。創業初期のことを知るのはもはや一部のCxOのみ、という状況でこの10年間に全員が同じように想いを馳せる難しさがあります。

iCAREの現状と未来を見据えた時にどういう気持ちで10周年を迎えることがベストか、ということを文化村で考えた結果、「創業から現在までの歴史を知り、未来に向けてそれぞれがビジョンを描けること」をテーマにコンテンツを企画しました。その一部を紹介します。

企画1:お祝いメッセージ

iCAREはどんな方とどんなエピソードがあって成長してきたのか?
創業から現在までの歴史を知るにあたり、4名の外部の方にこれまでのiCAREとの関わりやエピソードを交えてお祝いメッセージをいただきました。ここではプロフィールのみ取り上げさせていただきます。

画像4

和田圭祐様
ーiCARE社外取締役、インキュベイトファンド株式会社共同パートナー

飯盛(いさかり)崇様
ーiCARE共同創業者、現X-Agent株式会社代表

穂積桜先生
ー産業医・iCAREテクニカルアドバイザー

城内克典様
ー北都システム株式会社 総務部部長(Carelyを導入いただいている企業)


企画2:GJ Carely「No.1は誰だ!?」

GJ CarelyはiCAREで使用しているチャットアプリ「Slack」内で活用できる感謝・賞賛を伝えるアプリです。Carelyエンジニアチームのメンバーが開発してくれました。

Carelyは言わずもがな、iCAREが開発・提供するプロダクト、クラウド型健康管理システム「Carely(ケアリィ)」のこと、GJはGood Jobの頭文字です。

使用頻度は平均すると社員ひとりあたり1日5件!!
「ありがとう」はもちろん、「おめでとう」「素晴らしい」を伝える文脈でも使用されます。言う人、言われた人、それを見聞きする人、皆が幸福感に満ち溢れるこの魔法の言葉はiCAREでとても大事にされている文化です。

GJ Carelyを発信した人、受信した人の上位を公表し、各々の活用ぶり、活躍ぶりを共有しました。企画は事前に告知し、直前まで追い上げに奮闘したメンバーも。

画像5

※実はこちらのアプリを活用したコミュニケーション施策でe-コミュニケーショングランプリにエントリー中です。2次選考にみなさまの一票が必要です!!もしGJと思ってくださった方、ぜひ投票お願いします!!!!(8月5日まで)

画像6

GJ Carely Twitter こちらもよろしくお願いします!

企画3:未来に想いを寄せて「ビジョンボード」

画像7

CxOの話や外部の方からのメッセージを受けて、iCAREで描くそれぞれのビジョンを書き起こしてもらいました。

画像8

リモート勤務のメンバーも多いので各々のタイミングで投稿を続けつつ、今後は入社1ヶ月を経過した新メンバーにも書いてもらい、発展させていく予定です。

最後にGJ Carely!協力してくれたあなたに

iCAREでは、毎週開かれる全社定例mtgで「GJ Carely」「今週のThanksやおめでとう」を共有するコーナーが設定されています。どんな社員がどんなことで「有難う」「おめでとう」を受発信したのかを共有する場です。
そのコーナーの発表形式に合わせて、今回10周年イベントに協力いただいた皆さまに、GJ Carelyを送りたいと思います!いきますよ〜!

・和田さん、飯盛さん、穂積先生、城内さん、素敵なエピソードとお祝いのメッセージ有難うございました!!@GJ Carely

・Devチームのみなさん、撮影や動画配信のご協力有難うございました!@GJ Carely

・文化村のみなさん、企画・運営お疲れ様でした!@GJ Carely

・まっつんさん、ビジョンボードのデザイン協力、有難うございました!@GJ Carely

・杉本さん、育休中にもかかわらず遊びにきてくれて有難うございました!!@GJ Carely

・佳子さん、ワンオペにも関わらずお子様たちと一緒にご参加有難うございました!@GJ Carely

・もっひー、奥さん&ベビーを連れて参加してくれて有難うございました!@GJ Carely

画像9

文:広報担当 兼 5代目文化村メンバー おーちゃんこと呉(お)

この記事が参加している募集

オープン社内報

最後まで読んでいただきありがとうございます!公式TwitterでiCAREの最新情報を発信しています。是非覗いてみてくださいね!

わ〜い!スキありがとう!
「働くひとと組織の健康を創る」をミッションに掲げる株式会社iCAREのOfficial note。メンバーの日常から事業、制度など幅広くバラエティ豊かにお届けします。 https://www.icare.jpn.com/